ホーム>わすけが牛タン以外の料理で特にこだわっている部分について
コンテンツ

わすけが牛タン以外の料理で特にこだわっている部分について

奄美の鶏飯(けいはん)わすけ風

鶏飯は奄美大島の代表的な郷土料理です。白いご飯に鶏のササミ、錦糸卵、万能ネギ椎茸の醤油煮、パパイアの漬物、タンカンの皮の粉末、刻みのり、紅ショウガを乗せたところに特製の鶏がらスープをかけてお茶漬けのように召し上がります。飲んだ後の〆の食事に最高なのですが、5年前に奄美大島まで行ったときに島で一番美味しい鶏飯を出す店に行ってこっそりと研究してきました。

奄美の鶏飯(けいはん)わすけ風

生醤油ぶっかけ讃岐うどん

鶏飯と同様に、お客様から〆の麺類がほしいと言われて作った人気メニューです。特にこだわったのはぶっかけうどん専用の醤油です。今はなくなってしまったけど、都内のとある美味しい香川県のぶっかけうどんの店に行って醤油の仕入れ先を教わって以来、毎回、香川県から専用のうどん醤油を取り寄せています。

自家製豆腐

某高級料亭に納品している豆乳の業者さんから豆乳を仕入れて自家製で豆腐を作っています。大豆の風味を生かすために醤油ではなく、奄美大島のカケロマの珊瑚塩をかけて召し上がっていただきます。今までに食べたことのないような大豆の風味の効いた美味しい豆腐だと思います。

こだわりのとろろ

毎日、天然のヤマトイモと長芋を半々にブレンドしてすり鉢ですって出汁をブレンドして滑らかな風味を大切にしているこだわりのとろろです。

栃木の椎茸焼き

店主の都合で栃木県の鹿沼市を月に1~2回訪問しています(ゴルフですが・・)。その際にたまたま見つけた肉厚で大きな椎茸を定期的に取り寄せて焼いています。炭火で焼いて醤油を塗っただけの料理ですが、食べていただいたお客様には必ず「美味しい椎茸」の自己新記録更新をしていただいています。椎茸は好きじゃない!!と言うお客様でも、わすけの椎茸焼きを食べた時から椎茸が食べられるようになった、と言う方が今まで4人います・・・(笑)。

那須野が原の豆餅、白餅

店主の地元=栃木県北・那須塩原市の井上さんから時々自家製の豆餅と白餅を送っていただいています。知ってる人しか注文しないので、どちらかと言うと不人気メニューなのですが、食べたことのある方には大絶賛されています(笑)。

ドライめんたい

わすけの人気メニューの中では一番手間がかかっていない人気メニューです。明太子の皮と粒、それぞれが干物になっている2種類のセットを炭火で軽く炙っただけなのですが、焼酎がすすみます(塩分が強いので・・・(笑))。

白米

牛タン専門店ではほぼ100%、ライスは麦飯を使っていますが、わすけでは8年前から麦飯をやめました。理由は白米のほうが麦飯よりも断然おいしいからです(笑)。牛タン専門店が麦飯を使っているのは一番最初はコスト削減のために麦を入れただけなのに、なんだか牛タンにはパサパサした麦飯の食感が合う!みたいなことになっていまだにどの店も麦飯です。

わすけでも最初の5年間は少なめの麦を入れて、不味いのに仕方なく続けていましたが、ある日突然、『自分が食べたくないほどおいしくないものをお客様に出すことは間違っている』と気づいたのでそれ以来おいしい白米にしています。今は山形産の『はえぬき』という銘柄のおいしい米を使っています。

八丁堀で、忘年会宴会接待・のための会場をお探しでしたら、日比谷線八丁堀駅から近くアクセスしやすいわすけをご利用ください。わすけでは、グルメな方にもご満足いただけるよう、素材にこだわった美味しい炭火焼き牛タンや生ラムの炭火焼き、種類豊富な焼酎などをご用意しております。テーブル席、小上がり席、カウンターなどがございますので、用途に合わせてご利用いただけます。宴会コースもございますので、お気軽にお問い合わせください。

八丁堀の炭火焼牛タンと焼酎のお店『わすけ』は宴会や忘年会に人気です

八丁堀の炭火焼牛タンと焼酎のお店【牛タン炭火焼 わすけ】 概要

店舗名 牛タン炭火焼 わすけ
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-16-3 ICM中央ビルB1
電話番号 03-5566-1110
FAX 03-5556-1110
URL http://www.wasuke.net/
業務内容 本場仙台の伝統の味「厚切り牛タンの炭火焼き」のお店
説明 本場仙台の伝統の味「厚切り牛タンの炭火焼き」のお店『わすけ』では、仕込みに手間と時間をたっぷりとかけた牛タンスライスとこだわりの焼酎をお召し上がりいただけます。忘年会や新年会などの各種宴会や飲み会の他、接待でのご利用も多く頂いております。八丁堀駅近くで京橋や宝町からのアクセスも良いお店です。炭火焼の厚切り牛タンはグルメの方も納得のおいしさ。ぜひお店にお越しください。